MENU

目元の青いクマを解消する方法

『目元の青いクマを解消する方法』

 

目の下にクマを作ってしまっている人はいないでしょうか?見た目に、かなり老けたとか、不健康といったイメージを与えてしまいます。

 

女性ならば、ファンデーションなどで隠してしまうような人もいるでしょう。が、これも限度があるでしょう。

 

また、イメージだけではなく、実際に老けていて、不健康なのですから、解消するに越したことはないでしょう。

 

で、この目の下にクマができる原因はいくつもあるって、ご存じだったでしょうか。何が原因かは、クマの色を見ると、おおよそのところは判別できます。

 

まずは、「茶色のクマ」。これは、色素沈着やくすみによるものです。シミやソバカスに近いものと考えていいでしょう。

 

次に「黒いクマ」。これはむくみ、タルミ、などこの部分お肌が緩んで、陰ができているものです。

 

最後が「青いクマ」です。これは血行不良によるものです。皮膚の中を流れる血液がよどんでいて、血管が透けて見えてしまっているものです。

 

茶色のクマは紫外線によるダメージなどが考えられます。黒いクマは皮膚の老化です。

 

疲れ目によるものと考えていいのが、青いクマです。パソコン・スマホ・テレビなど画面を長時間見続けている、睡眠不足・過労、貧血などが引き起こすはこのタイプです。

 

パソコンなどを長時間使い、モニター画面を見続けていると、目の中や周辺の筋肉は凝り固まってしまいます。すると、血管も十分に働けなくなり、新鮮な血液を流すこともできなくなります。

 

また、リンパ液の流れも悪くなりますから、細胞の活動で出た老廃物はいつまでもこの部分に残ったままになります。