目元 エステ

MENU

開運神社と健康

『開運神社と健康』

 

健康回復を願って、神社にお参りをする……なんてことは、昔からあまりに当たり前にあったでしょう。

 

一時代前ならば、「不治の病」なんてよばれるものはたくさんありました。当然、お医者さんにもかかっているでしょう。が、こうなると、「最後の頼みはもう神様にすがるしかない」ということにもなったでしょう。

 

そこまで行かなくても、「早く病気が治りますように」というのは、あまりに当たり前の願いです。

 

また、「病気が発見されたわけではないけれど、なんとなく調子が悪い」となると、神社のそばを通ると、「ちょっとお願いしていこうか」なんてことにもなったでしょう。

 

現代だって、不治の病もあれば、医者のほうでは有効な治療手段がない病気があります。神社で願掛けもしたくなるでしょう。

 

それに、少し理屈っぽく考えると、昔ながらのお参りであれ、パワースポットとして訪れるのであれ、神社に行くことは意味があります。

 

「病は気から」といいます。これは「ストレスが原因で発症もする」とか、「気力を高めて治癒力を発揮する」と考えれば、神社に行くのは大いにプラスになるはずです。

 

自分自身で、「しっかり神様にお願いした」とか「パワーをもらって帰ってきた」と信じることが必要でしょう。

 

このためには、しっかり調べて、「ここならば大丈夫そうだ」という神社を選ぶ。お参りの作法も落ち度のないような形にしておく。

 

パワースポットと見なすならば、その神社の中でも特にパワーのあふれている場所を見逃さない、いったことが必要でしょう。