目元 エステ

MENU

日枝神社

『日枝神社』

 

「日枝」とかいて「ひえ」と読みます。東京の中でも特に中心部にあるパワースポットが日枝神社です。若い女性たちには、縁結びの神様として人気があります。

 

また、江戸三大祭りの一つ、山王祭の舞台でもあります。

 

千代田区永田町です。周辺にあるのは国会議事堂、議員会館、首相官邸などなど。文字通りの日本の中心です。もちろん、アクセスしやすさはいうまでもありません。

 

で、この永田町の中の小高くなった土地の上に日枝神社はあります。石段を登って行くと、やがて朱塗りの社殿が見えてくるでしょう。

 

その行く道にも、社殿に着いてからも目立つのは猿の像。日枝神社神様のお使いが猿だと考えられているのです。

 

最も中心になる祭神は、「大山咋神(おほやまぐいのかみ)」です。

 

この神様、古事記にも登場します。治山、治水の神様で、そこから関連して、農耕の神様でもあります。様々なものの成長や発展を守ってくれると考えられています。

 

このことから、安産、厄よけ、縁結びの神様になっています。

 

縁結びの神様になっている理由はもうひとつ。先程の猿です。「エン」がある……ということなんですよ。

 

始まりはまだ徳川家康が江戸に来るよりも前。文明10(1478)年にこの地を支配していた太田道潅が埼玉の川越にある川越日枝神社を勘定した、と伝わっています。

 

で、徳川家康が来てからは、江戸城の中に移し、江戸城の守り神としました。今の土地に来たのは家綱の時代です。江戸城から見て南西側です。ここはいわゆる裏鬼門。やはり江戸城を守り、江戸の街を守る神社だったのです。